• 2月 19

    消費者金融での借入はこわいもの、こんな印象を持っていないでしょうか。以前は消費者金融といえば高利で貸し付けをする業者、借りたら返せなくなってしまうところということもあったでしょうか。消費者金融という呼び方でなく、サラ金や高利貸しといった呼び方をされていたこともありましたね。
    しかし、今の消費者金融は全く違う金融機関として生まれ変わっているということができます。法律の面からも貸金業法によって、金利や借入できる限度額など詳細に至るまで利用者の保護がなされています。返せなくなってしまった時の取り立てなどもきっちりとルールがさだめられていますので、安心して利用することができるのです。
    さらに、消費者金融側としてもよりよいサービスに勤めていることは顕著です。貸金業法の改正は、利用者が保護されるということを第一の目標としていましたが、消費者金融にとっては金利がきっちりと定められたこと、貸付できる金額も制限されるようになったこと、さらに以前からの過払い請求などによって営業に困難をきたすことになってしまいました。実際に営業できなくなってしまった消費者金融もたくさんあったのです。
    消費者金融として経営を続けていくためには、高い金利を設定することもできず、貸付額を大きくすることもできないわけですから、新たな利用者を増やすことが重要になりました。これまでは消費者金融は利用しにくいと考えていた方たちも、申し込みしやすいと感じる環境やサービスを整えることを行ったのです。
    そのため、消費者金融では女性専用ダイヤル、初めての方専用ダイヤル、ネットや自動契約機での申し込みなど、とにかく不安を解消できる申し込みやすさをサービスの中心に据えてきました。誰にも会わずに、あるいは直接店舗に行ったとしても安心して申し込みができる環境を整えたのです。今では消費者金融はあらゆる世代の男女がこだわりなく申し込みをし、必要な時にお金を借りることができる優秀な金融機関といえるでしょう。利用方法を自分で決めて、それに合わせてカードローンを使っていきやすいというのが大きな特徴ではないでしょうか。

    Tagged as:
  • 1月 19

    消費者金融であるプロミスは金利が高くなっていますので返済方法はしっかりと考えていかなくてはなりません。
    公式ホームページにある返済シミュレーションはもうご覧になったでしょうか。
    返済の計画を立てていくときには活躍する機能になっています。
    毎月返済額として用意できる金額はいくらを予定しているでしょうか。
    もしくはいつまでには完済したいという希望があるでしょうか。
    利息を含めた計算をするためには金利の仕組みも理解しておかなくてはならず、それでいてもなお面倒になる計算が待っています。
    プロミスの返済シミュレーションを実際に使ってみましょう。
    利息として払う金額にはどのくらいがあるのか、返済を続けていくことによってその利息はどのように変化をするのか見ることができます。
    そのため、まずここで覚えておきたい計算式です。
    「借り入れ残高×金利÷年間日数×借り入れ日数」
    金利はこの計算式で決められていいます。
    返済シミュレーションの詳細結果を見てみると利息は返済をしていくにつれどんどんと下がっていくことが確認できるでしょう。
    上野計算式をご覧ください。
    金利だけが問題となるのではなく借入残高によっても利息に変化があることがわかります。
    もちろん借り入れ日数によってもです。
    返済シミュレーションを使うことでこのような状況がはっきりとわかるでしょう。
    たいした金額ではない利息と思ったとしてもそれは利息に反映される金額になります、確認をしましょう。

  • 1月 18

    カードローンの審査で、担当者が申込書に記入した勤務先へ電話をかけ、本人がまちがいなく勤めているかどうかを確認する電話が入ります。
    本人が自己申告をした勤め先に電話を掛けて確認する作業を「在籍確認」といいます。
    勤務先を確認することがなぜ必要になるのかと言えば、キャッシング会社はお金を無担保で貸すために、審査で申込者に安定した収入が有るのかどうかを確認することが重要になり、勤めていなければ返済のめども立たないので融資はできません。
    そのために、本人が申込書に記入した勤務先に在籍しているかどうかを調べて収入を得ている事を確認するための電話がかかってきますが、この作業は申込みをすればすぐにおこなわれるというものではなく、インターネットなどから申込をし、仮審査がとおれば本人確認書類を送付すれば本審査が始まり、本審査で書類審査などを終えた後、最終的なチェックとして在籍確認がおこなわれるようで、在籍確認の電話が入るということはほとんど融資をしてもらえる状況になっていると考えてもよいようです。
    勤務先への電話は必ずしも本人が出なければいけないわけでもなく、電話を受けた会社の人から「○○は今席をはずしています」というように、本人がその会社に勤めていることがわかれば在籍確認は終えたことになります。
    どうしても在籍確認が困るといった状況にある人は、カードローン審査通らない申込み時に事情を説明すれば柔軟な対応をしてもらえるので、たとえば生命保険会社の名前で電話を掛けてほしいとかの要望にも応えてくれるようなので、そういった方法で対応を考えるのもよいでしょう。

  • 1月 17

    いずれは正社員になるつもりで、現在はバイトをして収入を得ている人でも消費者金融のキャッシングは可能です。
    最近は景気もよくなりつつありますが、実生活ではまだまだ実感できるのはほど遠く、雇用状況も少しずつ良くなり始めましたが、まだまだ希望するところへ就職するのは難しく働けたとしても正規雇用ではなくパートもしくはアルバイトでという人も多いようです。
    キャッシング会社もそういった現状を承知していて、これまでのように正規雇用の社員だけを対象とした融資は新規顧客が見込みにくいことから、パートやアルバイトでも条件を満たせばキャッシングは可能になっています。
    ただ消費者金融のキャッシングは総量規制の年収の3分の1以内と制限されているため融資限度額はそんなに多くは期待できません。
    融資はアルバイトでも可能となっていますが、実際のところ融資をする側から見ればアルバイトは年収が確定しにくいため融資をしても返済できるのか、というところで判断がつけにくいため審査に通りにくいと言われています。
    アルバイトでも審査に通りやすくするためには、一般の申込と同じで、短期間にバイト先を変えていると収入も不安定になり、バイトが続けられなくなったときは貸し倒れになることを心配するので、同じバイト先で長く務めていると評価が高くなります。
    お金を借りたいキャッシングはアルバイトでも融資が可能となっているので、最初からあきらめず、申込前に「借入診断」などを使って融資が可能かどうかを調べることをおすすめします。

  • 1月 17

    アコムで収入証明書を提出しなければならない場合は、50万円以上の限度額を設定する場合、あるいは他社との借り入れを合わせて100万円以上の借り入れとなる場合などです。これは申し込みの段階で、身分証明書などの本人確認書類と一緒に提出することになるものです。
    また、すでに借り入れをしている方でも一度収入証明書を提出した後、3年以上経てば再度提出しなければならないのです。
    収入証明書は、源泉徴収票や市民税県民税決定通知書や所得証明書など市区町村で発行される収入が分かるものの写しを提出します。市区町村で発行される場合はそれぞれ名称が違っていることもありますので、発行してもらうところで確認しておくとよいでしょう。間違った書類を準備して時間のロスはしたくないものです。
    また、給与明細書でもかまいません。アコム お金の借り方では直近1か月分の給与明細の提出で済みますが、もしも給料明細に地方税の金額が記載していなければ、直近2か月分の明細に加えて1年分の賞与明細書も提出することになります。
    提出する書類はそう多くなく、ネット申し込みでもアプリで提出できるなどとても簡単です。しかし、申し込みの前に書類を準備しておく方法をおすすめします。申し込みをして、それほど急いでいないというのでしたら書類準備をして郵送という方法でもよいのですが、大抵のかたは「とにかくすぐにお金を借りたい!」という状態ですよね。急いでいると、書類の準備にも焦ってしまいそうです。申し込み前に手元に準備しておくのが確実でしょう。

  • 1月 13

    キャッシングは契約をしておけば、いつでも必要なときにお金が借りられるという便利なツールですが、お金を借りるときに注意しなければならないことがあります。
    借りたい金額と毎月の返済可能な金額が必ずしも一致しないということです。
    キャッシングを申込むときの注意点は、借入金額は自分の収入に見合った範囲内の金額にすることで、毎月返済額は他の支払いもあると考えると月収の1割以内がおおよその目安といわれています。
    業者選びは融資限度額や金利、返済方法などもよく確認することや、金融会社を比較検討することも必要で、なかには「ヤミ金」と呼ばれる業者も存在するので借入先については、信頼できる金融会社かどうかを調べることも重要になります。
    申込で気を付けることは、審査は申込書と信用情報機関の個人情報をもとに審査がおこなわれます。
    店舗窓口からの対面形式の申込なら記入間違いがあってもその場で訂正できますが、ネット申込をする時は申込書の記入内容がすべてになり、誤字や脱字、記入内容に間違いがないかを見直すことも重要で、担当者が間違っているとわかる程度ならよいのですが、「ウソの記載をしている」と判断されると融資が受けられなくなるので正確に書くことがポイントです。
    特に気を付けたいことは、早く学生 お金 借りる融資を受けたいことから次々と何社も申込をすることで、申込があったことが個人情報に記載されます。
    それを見た担当者からよほどお金に困っているようだと判断され、ますます融資が受けられなくなるので申し込み時期も考慮する必要があります。

  • 1月 13

    キャッシングは契約をしていれば、限度額の範囲内でいつでも口座へ振込をしてもらったり、カードを使ってお金が引き出せます。
    急にお金が必要になったため、これからキャッシングをはじめるひとでも即日融資といった申し込み方法があります。
    即日融資はその日に申込んで、その日のうちにお金が借りられるといったサービスで、申し込みをするための条件として、年齢が20歳以上で安定した収入があれば誰でも簡単に利用できます。
    即日融資を受けるためには、口座振り込みを希望のときは銀行の営業時間が15時までなので遅くとも14時までに契約を済ませておく必要があります。
    また銀行カードローンの中には事前に利用するカードローンの銀行で口座を持っておかなければならない銀行もあるので事前に確認しておきましょう。
    キャッシング 即日審査が通りやすく審査時間もわずか数秒で終わるといったことから消費者金融は即日融資に適していて、仮に審査を終えたのが土日や銀行の営業時間外であっても、インターネット申し込みで仮審査までを終えて、そのあと無人機や店舗窓口へ行き、本審査を受けてカードの発行をしてもらえれば提携コンビニATMや備え付けのATMからいつでもお金が借りられます。
    このように即日融資は利便性に富んだサービスですが、キャッシング会社を利用するときは申し込みをしたあと、後悔しないためにも事前にインターネットなどから情報を得て、時間をかけて自分の環境に合わせたキャッシング会社を選ぶことが重要になります。

  • 1月 13

    申し込みたい金融機関・キャッシングローンのホームページにアクセスし「今すぐお申し込み」などと書かれたところをクリックすると申し込み同意確認ページに飛ぶので内容を確認し同意できれば(同意できなければ消費者金融 即日融資申し込みは出来ません)「同意して申し込み」などとかかれた部分をクリックします。
    すると、お客様情報・ご自宅情報・お勤め先情報・他社お借入れ状況・希望限度額などを入力する申し込み画面に切り替わるので必要事項を入力し送信します。送信すると審査が行われるので後は結果が出るのを待つだけです。申し込みフォームへの入力は数分ですみますし、不明点があれば電話で問い合わせしながら入力することも出来るので初めての方でも特に戸惑うことはないと思います。
    審査結果は、基本メールもしくは電話で届きます。審査に通った場合、限度額のお知らせも同時にありますので、異論なければ本人確認書(金融機関によっては申し込み時に提出する場合もあります)を提出&契約手続きを行います。
    正式な書類は後日金融機関から送られてくるので、書名&捺印をして返送します。返送した書類が金融機関に届いたら今度はキャッシングカードが送られてくるので限度額の範囲内でいつでも自由に借入れを行うことが出来るようになります。ちなみに、最近はカード到着前でも契約締結後に振り込みキャッシングしてくれる金融機関も増えてきているので急いでお金が必要という時には、振込みキャッシングを利用すると良いでしょう。

  • 1月 4

    「いつも仕事が終わるのが遅く、銀行に行く時間が無い。
    銀行が24時間営業だったら便利なのに!」
    このような体験をされた方はいらっしゃいませんか。
    現在の社会は、まさに24時間体制、あらゆるサービスが24時間対応になっています。
    消費者金融では、申込受付24時間可能というサービスが当たり前になってきています。
    初めて消費者金融を利用される方でも、時間に縛られることなく申込が可能になっているのです。
    その方法は、インターネットを利用することです。
    21世紀に入って急速に普及したインターネットは、私達の生活を大きく変えてきました。
    消費者金融業界でも、同様に、各種サービスでインターネットの利用が可能になっています。
    申込受付が、24時間365日可能であるということは、忙しい方でも、好きな時間に申込を行うことができるということです。
    申込の受付を確認した段階で、すぐに審査手続きに入ります。
    さすがに、深夜の時間帯に審査結果を受け取ることはできませんが、それでも、時間を費やして有人店舗に赴くことを考えると、非常に便利なシステムであるといえます。
    一度、審査に合格すると、インターネットで融資を受けることができます。
    契約された限度内であれば、こちらも24時間365日受付可能です。
    深夜に利用の申込を行い、次の日に銀行口座に振り込んでもらう、という手法もとることがでるのです。
    初めてカードローン 金利を利用される方でも、落ち着いて利用できる24時間サービスを有効的に活用していきましょう。

  • 12月 30

    現在の日本の社会で、消費者金融を利用したことがある人はどのくらいらっしゃるのでしょうか?
    TVのCMや、街の看板など、消費者金融の広告は驚くほどたくさんの数を目にします。
    しかし、その仕組みについては意外と知られていないことが多いのではないでしょうか。
    消費者金融は担保は一切ありません。無担保で顧客にお金を貸すのが消費者金融です。そして、借入するためには必ず審査を行います。この審査に通らなければ、お金を貸してもらえないということは皆さんご存知ですよね。
    審査については、信用情報機関というところに登録されている、今までの借入履歴や金銭トラブルなどの確認がされています。
    情報信用機関では、氏名、年齢、生年月日、住所、電話番号、勤め先、またその電話番号などの情報で個人を特定します。
    その個人情報をもとに、今までの借入履歴、事故情報(金銭に関しての)を照合するわけです。

    信用情報機関にはほとんどの消費者金融が登録されています。従って、申し込みしたい消費者金融に借入履歴はなくても、他で延滞や滞納、完済できなかったなどの事故があれば、わかってしまうのです。そして、結果的に審査には通らなったと、なるわけです。
    因みに、消費者金融の信用情報機関の、クレジットカードの信販会社が登録している信用情報機関が存在していますが、両方に加盟することができ、ほとんどの会社はそうしているようです。従って、クレジットカードでの事故もわかってしまうという仕組みなのです。